有限会社スポーツウイング  斎  章 一

子供のころから当たり前にある地域のスポーツ用品店や文房具屋さん、今思えば、学区ごとに指定された体育用の運動着やシューズなどを扱い、とてもお世話になった思い出があります。小学校であれば6年間、中学・高校であれば3年間も毎日使う備品、失くしてしまう時もあれば、汚れや傷みで交換する時も、当たり前に置いてあるお店がそこにある、普段何気なく見ていたお店にも、いろいろと地域とつながる思いや関りがあります。

亘理郡亘理町でスポーツ用品店を経営されている斎 章一さん、お仕事について地域とのかかわりについて取材させていただきました。

仕事に対する理念と思い

“スポーツ用品の販売と並行して『安全で快適なスポーツ環境づくり』を主業と捉え、県内各地のスポーツ施設の整備および備品の納入業務を行っています。また、自社における学生職場体験や、学校へ出向いての講話活動も行っています”と話す斎さん。

スポーツ用品の販売だけに留まらず、スポーツ環境づくりや学生への職場体験や講話活動も行っているというお話を聞かせていただきました。取材中はもちろんですが、斎さんの人柄の良さがその言葉一つ一つに顕著に表れて相手に対する気遣いや思い、立場や考えを尊重しつつお話される姿に、「斎さんのキャリアコンサルティングを受けてみたい」と感じさせる温かみを感じました。

私とのつながり

斎 章一さんは、私がいつもお世話になっている名取北高等学校同窓会副会長です。同窓会においても常に調和を大切にされて話をまとめていく要の役目を果たしていく方です。学校の立場や考えを受け入れつつ、同窓会としての願いや思いを上手に取りまとめて場の雰囲気を前向きに良い方向へ導いていく姿に安心と信頼感を感じます。

 

名取北高同窓会として

名取北高同窓会として、せっかくなので名取北高をテーマにお話もいただきました。

私が同窓会に関わるようになった時は同じ幹事の斎さん、現在は副会長ですが、名取北高に関わるきっかけや思いについてお話をいただきました。

学生時代の思い出について話をしていただきましたが、当時は生徒会長を務めていたとのこと、当時の生徒はもちろん先生方にも信頼を得ていた斎さんは、放課後も先生のサポートをしていたとの話まで聞かせていただきました。みんなから頼りにされた斎さんですが、こういう方が政治家になるときっと街は良い方向へ進んでいくのではないかと感じるほど優しく温かい人です。

北高生としてのプロフィール

 お名前  斎 章一
 卒業期  8回生(平成元年卒業)
 学生時代の思い出 北高在学中は生徒会役員(会長・副会長)として過ごしたことが一番の思い出であり、その時の経験が今も生きていると感じています。
一番お世話になった先生 北高在学中は校長先生を始め、すべての先生方・事務職員・校務職員の方々に可愛がっていただきました。
今お会いしたい先生 当時の北高にいらした全教職員にお会いしたいです!
 部活動 剣道部の籍を置かせていただきながら、生徒会活動をしておりました。
これからの北高に一言 『普通ではない普通科=特色のある学校』になってもらえたら嬉しいです。

取材後には、「北高同窓会役員を拝命して暫く経ちますが、自分が母校の役に立っているのか疑問に感じることがあります。まずは同窓会総会・懇親会へひとりでも多く参加してもらえるよう、声掛けに努めます。」と言う斎さん、どこまで行っても自然体で真面目なその姿に感銘を受けます。

会社のプロフィール

 会社名 有限会社スポーツウイング
 代表者名 代表取締役 斎  章 一
 住所 宮城県亘理郡亘理町字中町東105
TEL 0223-34-4390
FAX 0223-34-6896
The following two tabs change content below.

srepo

エスレポは、人、街、文化、歴史について、レポーターが感じたまま紹介するwebマガジンです。このサイト管理者でもあり、主観をもとに取材し紹介していきます。 仙台生まれの仙台育ち、仙台を中心に仕事をしています。 人と関わる事で得られた思いや繋がりを紹介していくことで、次の何かに繋げられるよう記事として残していきます。

関連記事

H.simple Design Studio | 小山田 陽 

株式会社 共栄環境事業公社 | 郷内 知明

株式会社なるみ | 鳴海 一夫